• facebook
  • youtube
  • RSS
  • mail

KONKAVE VERSION 1

コーンケイブデザインの最適バランスを追求したホイール「KV1」

近年、デザイントレンドとして人気の高いコーンケイブデザイン。そのトレンドは、既にスタンダードなデザインとして確立され、様々なホイールが市場に登場しています。コーンケイブした(すり鉢状にディスク形状が落ち込んだデザイン)ホイールは、元来はインセット値の小さい後輪駆動車のリア用以外には装着が難しく、限られた車輌にのみ装着を許されるデザインでした。この為、コーンケイブデザインを車輌にマッチングさせることは容易ではありません。

KV1は、数多くのブレーキとインセットの組合せから最適なコーンケイブ量を算出し、少しでも深くコーンケイブすると供に、ドイツメイドならではの高品質・高機能なデザインを高い次元で融合させています。大きな特徴は、サイズ設定によりコーンケイブ量を変化させており、19x8.5/20x9.0は浅めのコーンケイブ、19x9.5DC/20x9.0DC/20x10.5DC/20x12.0DCはより深いコーンケイブであるディープコーンケーブ(DC)を採用。

KV1の特徴

>TÜVの認証を受けた高品質なMade in Germany
>特殊な低圧鋳造法で製造され、さらに特殊な熱処理(T6)を加え強靭かつ軽量化も実現
>凹面の深さ(センターキャップ面からディスク最前面部まで)
 :48ミリメートル(19x8.5/20x9.0)
 :77ミリメートル(19x9.5DC/20x9.0DC/20x10.5DC/20x12.0DC)
>重量:19x8.5(11.6kg~)
    20x9.0(11.9kg~)
    20x10.5(13.4kg~)
    20x12.0(13.9kg~)